北海道教区 青年僧侶協議会 トップページ 下がり藤・北海道 浄土真宗本願寺派 本願寺 親鸞聖人 750回 大遠忌
悲戦
私たち念仏者は
すべての戦争に
反対します。
■トップ■ブログ■温泉説法■北のANGO■ご法話■真宗入門■掲示板■更新履歴


浄土真宗入門

 お釈迦さま  仏  教  親鸞聖人  浄土真宗



親鸞聖人のひらかれた浄土真宗は

このわたくしが 阿弥陀如来の本願を信じ

念仏して力強く生き抜き

浄土に生まれて仏のさとりを得る教えであります

それによってわたくしたち人間が

あらゆる苦悩を越え まことの幸福をえて

明るく安らかな世の中を

実現してゆくことをめざす宗教であります

(浄土真宗必携より)



浄土真宗の教章


宗 名
(名  称)
浄土真宗本願寺派 (通称 西本願寺)
宗 祖
(浄土真宗を開いた方)
親鸞聖人 (1173-1262)
本 尊
(お参りする仏さまの名)
阿弥陀如来 (南無阿弥陀仏)
経 典
(教えの書かれているお経)
仏説無量寿経
仏説観無量寿経
仏説阿弥陀経
教 義
(教  え)


南無阿弥陀仏のみ教えを信じ、必ず仏にならせていただく身のしあわせを喜び、つねに報恩のおもいから、世のため人のために生きる。

※報恩  →恩にむくいること
宗 風
(教えに基づく私達の生きざま)












宗門は同信の喜びに結ばれた人びとの同朋教団 であって、信者はつねに言行をつつしみ、人道世法 を守り、力を合わせて、ひろく世の中にまことのみ法 をひろめるよう努める。
また、深く因果の道理をわきまえて、現世祈祷やま じないを行わず、占いなどの迷信にたよらない。

※宗門   →浄土真宗本願寺派
※同信   →同じ信心
※同朋教団→対立・差別のない開かれたあたたかい人間関係により成立することをめざす教団
※言行   →ことばやおこない
※人道世法→人の道、世間の法
※み法   →教えのこと
※因果の道理→ 因縁果に基づく教え
※現世祈祷→おいのり

 


 お釈迦さま  仏  教  親鸞聖人  浄土真宗





青僧協ホームへ 北海道教区青年僧侶協議会