「他力と自力」・「浄土と天国」

空知北組 竜泉寺  寺垣 信晃師


   まず、今回は皆さんのふだんの生活でもよく耳にする仏教語を通して、その世界を味わってみたいと思います。
  「他力と自力」ですが、よく「他力本願」ではだめと言う様な言い方をします。「他力本願」と言いますからそれに対して「自力本願」と言う言葉があるように思われますが、「自力本願」と言う言葉自体、存在しません。それを言うなら、「自力作善」と言います。
  さて、「他力」ですが、他の誰かの力をあてにするような意味合いで用いられがちです。しかし、本当の意味は「如来の本願力」であります。「他」が「如来」で、「力」が「本願力」であると言うのであります。ですから、「他力」と言うのは省略をされた言い方をする仏教用語であります。それでは、どうして仏教用語なのかと言うと、それは、「私の救い」にかかわる言葉であるからです。

  仏教には、私が仏に成るための方法に二つの門があります。聖道門(しょうどうもん)と浄土門(じょうどもん)と呼ばれるのがそれです。聖道門とは、いわゆる様々な修行(しゅぎょう)を積んで私の側から仏に近づいて行く方法、これを「自力」と呼ぶのです。これに対して浄土門は、私の側には仏になる種(仏性ぶっしょう)が無く、いくら修行してみても仏になれない私の為に念仏一つで如来の側から救って下さる教えが「他力」と言うのです。

  それはあたかも目的地に行こうとする時、自分の体をたよりとして果てしなく永い道を歩いて行く(難行道なんぎょうどう)のか、それとも、大きな船に乗って海路を行く(易行道いぎょうどう)を選ぶのか。どちらも同じ仏教です。「他力」は如来のお計らいにおまかせして救われて行くおみのりを言うのです。
 
  次に、「浄土と天国」について少し考えてみたいと思います。よくお葬式が終わった後、遺族の挨拶の中で「故人もさぞかし天国から見守っているでしょう。」と言う言葉を耳にします。戦後、日本に根付いた言葉の一つにこの「天国」が挙げられると思います。もっとも、キリスト教徒の方がお使いになるのでしたらわかるのですが・・・・仏教徒が「天国」と言う言葉を使うのはあまり適当ではありません。理由は大きく二つあります。

 一つは、「天国」は神の創られた国であり、洗礼を受けてイエス・キリストを信じなければ「天国」に生まれることはできないでしょう(故人は洗礼を受けイエス・キリストを信じたの?)

 二つには、仏教において「天国」は「迷いの境界」であると言うのです。即ち、「天国」の「天」は六道(ろくどう)のうちの一つで、(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天)命終えてなお苦しみの境涯(きょうがい)を経巡(へめぐ)って、決して覚り(さとり)をひらくことができない事になります。(故人は今も彷徨(さまよって)っている?)

  仏教は、仏に成る教え(成仏道(じょうぶつどう))です。神の国には生まれることは出来ても、神自身に成るができない教えとは根本的に違いがあります。しかし、死んだ人を「ほとけ」と言う訳ではありません。
  迷いを迷いと認識する事ができない生きている私達人間を、常に救おうと気づかせようと目には見えませんが、動いて下さっている相(すがた)を「ほとけ」と言うのです。





青僧協ホームへ 北海道教区青年僧侶協議会