青僧協ホームへ
 「北海道教区青年僧侶協議会」からのご案内
(2005.08.)

教区内青年僧侶のみなさまへ   

 2005年(平成17)年 月  日


北海道教区青年僧侶協議会
会長 杉原 真(空知南組真法寺)
事務局長 松山教宗(空知南組法王寺)

「北海道教区青年僧侶協議会」からのご案内

〜初めてご案内が届く方々、ならびに会員会費納入のご依頼〜


 慈光照護のもと、教区内青年僧侶のみなさま方におかれましては、益々にご活躍の事と存じます。併せて常日頃から貴組の青年僧侶会員の中からも、当会にご協力頂き誠にありがたく存じ上げます。

 さて、今回上記の件につきまして、当会よりご依頼のご案内をさせて頂きたく存じます。当会は北海道教区に所属する教化団体の一つとして発足からすでに20年近くの歳月を経ており、年間に様々な事業(広報誌Truthの発行、ソフトボール大会、北のANGO、温泉説法、ホームページ運用他)を計画し、会員からの会費による運営と教区教化団体として正式に助成金を頂きながら、活動を続けて今日に至っております。
 現在、各組や地域で組織されたきた各青年僧侶会の枠を拡げた形で、教区全体の青年僧侶各位一人一人と共に、様々な課題や悩みを共有・ネットワークしていく方向で柔軟な運営ができるよう心がけ、現在大幅に組織を改編しております。

 発足当時から当会規約にある会員対象者「この協議会は、北海道教区に在籍、又は活動する満45歳以下の青年僧侶の男女をもって構成する。(第5条会員)」をもとに活動を続けており、教区内での45歳以下の対象者の方々には全てご案内・ご依頼等を発送しております。

 従来からこの会員の中より三役、事務局、委員等の役員の他に、各組より1名で「常任委員」を選出して頂いており、各組におかれましても組長(はじめ三役会等)のご推薦頂き常任委員を決定しております。


 併せて今回、初めて会員のご案内の届く皆様方には、今後様々な催しや企画等へのご参加をよろしくお願い申し上げたいと思い、ご案内させて頂きました。この会の運営方針等をご理解頂くために必要と思われる資料を同封させて頂きました。又すでに各組会員の方々に会の活動等をお聞き頂く中で、ぜひとものご参加をお待ちしております。

 すでに会員案内が届いておられる会員の皆様方には、前年と同様に会費納入のための振り込み用紙を同封させて頂きました。当会は皆様方各位の会費で運営されておりますので、ご依頼させて頂いております事にご理解を賜り、ぜひともご協力の程をどうぞよろしくお願い申し上げます。


・同封資料 「規約」「組織図」「総会資料(計画・予算)」ほか
(初めてご案内の届く方へ)
・振り込み用紙  会費納入専用新役員の発足について

青僧協ホームへ